第6回さがみ水墨・日本画協会展
協会展トップ画像
<「講師と会員の作品展」の頁に戻る>
<顧問・会長・評議員等の作品>  <さがみ墨彩会員の作品> <公募出品全作品日本画> <公募出品全作品水墨画>  <沈和年先生講評風景>    

アナウンス 案内ハガキ エントランス

<顧問・会長・評議員等の作品>         クリックで拡大してご覧ください

顧問会長等作品(展示景)
顧問会長等作品(展示景2)
顧問会長等作品(展示景1)
顧問会長等作品(展示景1)
「宮ケ瀬追憶」 F30 松尾好高先生
「宮ケ瀬追憶」 F30 松尾好高先生
「乾坤幽谷」 田澤伯堂会長
「乾坤幽谷」 田澤伯堂会長
「フクシマに咲く花―ヤマホロシ―」戸田みどり顧問
「フクシマに咲く花―ヤマホロシ―」
F4  戸田みどり顧問
「希望の牧場―見捨てられた牛―」戸田みどり顧問
「希望の牧場―見捨てられた牛―」
F8  戸田みどり顧問
「水の静物」 鈴木國男顧問
「水の静物」 鈴木國男顧問
「藤花」 日高絹紅評議員
「藤花」 日高絹紅評議員

「何処へ」 相座愚呑人
「何処へ」 相座愚呑人
「うのこ滝」 相座愚呑人評議員
「うのこ滝」
相座愚呑人評議員
「華厳乃滝」 藤田栄山
「華厳乃滝」
藤田栄山
鍾馗乃図」 藤田栄山
鍾馗乃図」
藤田栄山

<さがみ墨彩会員の作品>    (出品番号順)
「詣でる」 前島悦子
「詣でる」 前島悦子
「上海豫園」 石坂和明
「上海豫園」 石坂和明
「高千穂峡」 市川善朗
「高千穂峡」 市川善朗
「匠の技・斗拱」 植木克彦
「匠の技・斗拱」 植木克彦
「焼岳」 大賀隆美
「焼岳」 大賀隆美
「雪の高尾山道」 河原公治
「雪の高尾山道」 河原公治
「開闢光彩」  河原公治
「開闢光彩」  河原公治
「まなざし」 齋藤義保
「まなざし」 齋藤義保
「烏城」 須永文江
「烏城」 須永文江
「雲海に浮かぶ村」 高橋宏行
「雲海に浮かぶ村」 高橋宏行
「涼を求めて」 近内文子
「涼を求めて」 近内文子
このページのトップへ
<公募出品全作品>     (一部重複掲載があります)
全作品(日本画部門) 日本画部門
  
全作品(日本画部門)
全作品(日本画部門)
全作品(日本画部門)
全作品(日本画部門)
全作品(日本画部門)
全作品(日本画部門)
全作品(日本画部門)
全作品(日本画部門)
全作品(日本画部門・水墨画部門)
 (この面左4点)
日本画部門
 

水墨画部門

 (この面右2点)
全作品(水墨画部門)
全作品(水墨画部門) 「詣でる」
  前島悦子
全作品(水墨画部門)
全作品(水墨画部門)
全作品(水墨画部門)
全作品(水墨画部門) 「上海豫園」
  石坂和明
全作品(水墨画部門) 「匠の技・斗拱」
  植木克彦

「焼 岳」
  大賀隆美
全作品(水墨画部門)
全作品(水墨画部門) 「雪の高尾山道」
  河原公治

「開闢光彩」
  河原公治
全作品(水墨画部門)
全作品(水墨画部門) 「まなざし」
  齋藤義保
全作品(水墨画部門)
全作品(水墨画部門)
全作品(水墨画部門)
全作品(水墨画部門)
全作品(水墨画部門) 「烏城」
  須永文江

「雲海に浮かぶ村」
  高橋宏行




全作品(水墨画部門)
全作品(水墨画部門) 「涼を求めて」
  近内文子
全作品(水墨画部門)
全作品(水墨画部門)
特別展示 「臨画雪舟四季山水図}河村美代子 <特別展示>

「臨画 雪舟・四季山水図」
     河村美代子
特別展示 「臨画雪舟四季山水図}河村美代子 同上
(反対側より撮影)
沈和年先生による 「講評」シーン  (さがみ墨彩会員」他
今年の講評をされる
沈和年先生の挨拶

右端、松尾好高先生
その左、田澤伯堂会長
沈和年先生 講評
講評を受ける前島会員
出品作品「詣でる」
沈和年先生 講評
講評を受ける前島会員
出品作品「詣でる」
沈和年先生 講評
講評受ける石坂会員
出品作品「上海豫園」
沈和年先生 講評
講評受ける石坂会員
出品作品「上海豫園」
沈和年先生 講評
講評を受ける植木会員
出品作品「匠の技・斗拱」
沈和年先生 講評
講評を受ける植木会員 沈和年先生 講評
講評を受ける河原会員
出品作品「雪の高尾山道」
沈和年先生 講評
講評を受ける河原会員
出品作品「雪の高尾山道」
沈和年先生 講評
講評を受ける河原会員
出品作品「開闢光彩」」
沈和年先生 講評
講評を受ける須永会員
出品作品「烏城」
沈和年先生 講評
講評を受ける須永会員
出品作品「烏城
沈和年先生 講評
講評を受ける近内会員
出品作品「涼を求めて」
沈和年先生 講評
講評を受ける近内会員
出品作品「涼を求めて」
沈和年先生 講評
特別展示
「臨画雪舟・四季山水図」
河村美代子作

沈和年先生の講評
を聴く来館者
沈和年先生 講評
沈和年先生 講評
このページのトップへ